背中 に あっ た 翼 は 君 と共に なく した。 雫

背中にあった翼は 君と共に無くした

翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく

。 ってか コレ、舞美の髪が長い・・・いったいいつ撮影したんだよ、ってハナシですわ。 試聴する KKBOXを起動 雫 作詞:スキマスイッチ 作曲:スキマスイッチ 背中にあった翼は君と共に無くした 飛べた頃の記憶は擦り傷の様には消えてくれない 月が丘を行く 夜光虫を引き連れて 手付かずの一日が何も言わずに終わっていく 僕が居なくても地球は回り続ける 君が居ないなら僕の朝はもうやってこない 草むらで転げまわって森の奥で眠った 何度か争いもしたけどそれは全て永遠のため 未来の向こうへ行くため 背中にあった翼は君と共に無くした 飛べた頃の記憶は擦り傷のようには消えてくれない 君を取り戻す そればかり考えていた 時の濁流に押し流されてしまわぬよう 思い出は何も語らない 縋り付くあても無い 残った涙はあと少し きっと君には届かない 最後の雫が、落ちていく 突然夜が弾けた 光が空に飛び散った 堪らず閉じた瞼を開けるとそこに君がいた 背中にあった翼は今やもう必要無い 洗い立ての太陽が僕らを優しく照らしている これからは大地を踏みしめて 君を抱いて歩いていこう. 左手から出なくなったら終わりだし、ちゃんと出てくれれば私はそれでいい。

9

背中にあった翼は君と共に無くした 飛べた頃の記憶は擦り傷の様には消えてくれない

翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく

Am 背中 Em にあった F 翼 C は Am 君と Em 共に F 無くし C た Am 飛べた Em 頃の F 記憶 C は擦り Am 傷の様 Em には消え F てくれ C ない Am Em F C Am Em F C Am Em F C Am Em F C Am 月 Em が F 丘を行 C く 夜 Am 光虫 G を引 F き連れ C て Am 手付 Em かずの F 一日 C が何 Am も言わ G ずに終 F わってい C く Am 僕 Em が居 F なくて C も地 Am 球は G 回り F 続け C る Am 君 Em が居 F ないな C ら僕 Am の朝 G はもうやっ F てこな C い 草 Cm7 むらで転げ F7 まわって森 Cm7 の奥で眠 F7 った 何 Cm7 度か争いも F7 したけどそれ D は全 F て永 Dm 遠のた Gm め 未 D 来の向 F こうへ Gsus4 行くた G め Am 背中 Em にあった F 翼 C は Am 君と Em 共に F 無くし C た Am 飛べた Em 頃の F 記憶 C は擦り Am 傷の様 Em には消え F てくれ C ない Am Em F C Am G F C Am 君 Em を取 F り戻 C す そ Am れば G かり F 考えてい C た Am 時 Em の濁 F 流 C に押し Am 流さ G れてし F まわぬ C よう 思 Cm7 い出は何も F7 語らない 縋 Cm7 り付くあても F7 無い 残 Cm7 った涙はあ F7 と少し きっ D と君 F には Dm 届かな Gm い 最 D 後の F 雫が、 Gsus4 落ちてい G く Am 突然 Em 夜が F 弾け C た Am 光が Em 空に飛 F び散っ C た Am 堪らず Em 閉じた F 瞼 C を開け Am るとそ Em こに F 君がい C た A m 背中 Fm にあった F 翼 C は A m 今や Fm もう F 必要無 C い A m 洗い立 Fm ての F 太陽 C が僕 A m らを Fm 優しく照 F らして C いる これ A m からは Fm 大地を踏 F みしめ C て 君 A m を抱い Fm て歩 F いてい C こう. その2年後には汚い女になってしまうんだってのが、いくらゴリラでも悲しいわ。 背中にあった翼は君と共に無くした 飛べた頃の記憶は擦り傷の様には消えてくれない 月が丘を行く 夜光虫を引き連れて 手付かずの一日が何も言わずに終わっていく 僕が居なくても地球は回り続ける 君が居ないなら僕の朝はもうやってこない 草むらで転げまわって森の奥で眠った 何度か争いもしたけどそれは全て永遠のため 未来の向こうへ行くため 背中にあった翼は君と共に無くした 飛べた頃の記憶は擦り傷の様には消えてくれない 君を取り戻す そればかり考えていた 時の濁流に押し流されてしまわぬよう 思い出は何も語らない 縋り付くあても無い 残った涙はあと少し きっと君には届かない 最後の雫が、落ちていく 突然夜が弾けた 光が空に飛び散った 堪らず閉じた瞼を開けるとそこに君がいた 背中にあった翼は今やもう必要無い 洗い立ての太陽が僕らを優しく照らしている これからは大地を踏みしめて 君を抱いて歩いていこう. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 。

13

翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく

まぁ、多分、10月ごろには撮ってるんだろうとは思いますケド・・・ そんな現実を突きつけられるとなんとなく冷めてしまいますよね、うん。 。 。

1

背中にあった翼は 君と共に無くした

翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく

。 。 。

19

背中にあった翼は 君と共に無くした

翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく

。 。 。

7

吉岡亜衣加 雫 歌詞

翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく

。 。 。

11

吉岡亜衣加 雫 歌詞

翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく 翼 君 した 背中 に と共に は あっ た なく

。 。 。

16